障害児通所支援事業とは

「障害児通所支援事業は、障害のある児童や発達に心配がある児童に、療育を提供する事業です。障害児通所支援事業の中には、主に未就学児を対象にした『児童発達支援』や、学籍のある児童を対象にした『放課後等デイサービス』があります。」(横浜市ホームページより)

 


キッズラインとは

 キッズラインは、横浜市鶴見区岸谷(生麦駅)にある横浜市指定障害児通所支援事業所です。『児童発達支援』と『放課後等デイサービス』を行っています。

 

発達に遅れのあるお子さんを対象とした、一人一人の「学び」をサポートする教室を、『児童発達支援』、『放課後等デイサービス』として開いています。

 

横浜市鶴見区の岸谷・生麦地区に根ざして、就学前から小学生の入り口まで、お子さんとご家族を支援することを目指します。



キッズラインが大切にしていること

◯ 私たちは、お子さんが楽しめる場所を作ります。

◯ 私たちは、お子さんの「強み」を見つけます。

◯ 私たちは、お子さん一人一人に合わせた課題を見つけます。

◯ 私たちは、チームで療育を行います。

◯ 私たちは、私たちが活動する地域に貢献します。

◯ 私たちは、他の療育・保育・教育機関との協働を大切にします。


児童発達支援

〈対象〉

横浜市鶴見区にお住まいで、発達障害を持つ就学前のお子さんを受け入れています。

 

〈プログラム〉

親子で学ぶ「ぺあすく」プログラムを実施していますNPO法人ADDSと提携)

6か月間の期間中に、お子さんへの個別指導と、保護者さんへの子育てに関する学習機会を提供しています。

7か月目以降は、お子さんのニーズに合わせたフォローを行います。

 

 個別指導:応用行動分析の理論に基づき、言語・コミュニケーションや認知、生活スキル等の獲得を支援します。

 

 保護者さんの学習:第一に、全13回の動画による講座をご提供いたします。合わせて、関連するワークをスタッフのサポートの元で行います。第二に、毎回、個別指導場面の一部に同席していただき、療育を体験する機会を作ります。療育課題を共有し、ご家庭で簡単な宿題に取り組むことなどを通じて、お子さんの専門家になって頂くことを目指します。

 

〈クラス〉

半期ごと(4月・10月)に募集をします。

 

火 10:30 - 11:50 / 13:30 - 14:50

 10:30 - 11:50 / 13:30 - 14:50

金 10:30 - 11:50 / 13:30 - 14:50

※ 募集の時期により、変更される場合がございます。

 

〈ご利用料金等〉

横浜市ホームページをご参照ください。


放課後等デイサービス

〈対象〉

キッズラインの児童発達支援事業を卒業された方を対象に、小学生の低学年までを目処に受け入れます。

受け入れの人数等には、制限があります。小学生からの新規の受け入れは、現在行っていません。


事業所情報

児童発達支援・放課後等デイサービス

キッズライン

 

運営法人: 一般社団法人キッズライン

 

住所:〒230-0078 横浜市鶴見区岸谷1-11-10 

電話:045-572-2627

FAX:045-777-7300

 

代表者:代表理事 山本 崇博

法人設立日:平成23年7月6日

 

指定事業所番号:1450100050(平成25年4月1日指定)


アクセス


電車:

京浜急行 生麦駅 下車 徒歩5分

バス:

JR京浜東北線「鶴見駅西口」から横浜市営バス41または38系統で「安養寺前」停留所下車 徒歩5分


営業時間

火曜日 10:00 − 18:00

水曜日 10:00 − 18:00

木曜日 12:00 − 18:00

金曜日 10:00 − 18:00

土曜日  9:00 − 15:00

 

定休日 日曜日・月曜日・祝祭日